どういう業務なのかをまずは説明する

新入社員は仕事内容を把握していない事が多い

新入社員に対して研修を実施する場合、思っている以上に業務を理解していない事があります。そのままの状態で社員として働かせてしまうと戦力として活躍できないだけではなくて、すでに働いている社員の足を引っ張ってしまう可能性が出てきます。そこで新入社員に対して、どのような業務を実施しているのかきちんと説明する事が大切です。
ここで注意しなくてはいけないのは、専門用語などを交えて説明してしまう事です。基礎的な能力を身に付けていない新入社員に対して、難しい言葉で説明しても理解する事ができません。面倒かもしれませんが将来会社の中枢を支える社員として、丁寧で分かりやすく業務の説明を行う事が大変重要になってきます。

業務に関連している研修を積極的に実施

新人に対して研修を実施する事はそれだけコストが発生します。せっかく新人研修を実施するのですから、業務に関連している能力を高められるように努力しなくてはいけないです。IT系の会社でしたら、ITに関する知識や技術を研修で教える事で能力を高める事が可能です。
その他にも接客がメインの会社ならば、対応の仕方を学んだりすることで即戦力として仕事を行う事が可能です。逆に関連していない新人研修を実施してしまっても、全く意味がなく時間の無駄遣いになるので気を付けるようにしてください。
また知識や技術の新人研修を実施している時に同時進行で業務の説明も行う事が可能です。新入社員はイメージを膨らませながら、研修に参加する事ができるので成長にも期待する事ができます。